カーポートの設置費用の相場と安く抑える方法

「カーポートを設置したい!でも、費用の相場ってどのくらいなの?」

このように、カーポートを設置するための工事費がわからず、だいたいの費用相場が知りたいという人は少なくないようです。

実は、カーポートの設置費用は、依頼する業者によって大きく異なります。

できるだけ費用を安く抑えるためには、「そもそもカーポートの設置費用はどのくらいかかうのか?」相場を把握しておくことが重要なのです。

そこで今回は、カーポートの設置費用の相場、安く抑える方法についてまとめてみました。

最後まで読んでいただくことで、適正価格がわかるだけでなく、費用を安く抑える方法に関しても知ることができます。ぜひ参考にしてください。

カーポートの設置費用の相場は?

カーポートの設置費用の相場について取り上げる前に、まずは費用の内訳から見ていくことにします。主な内訳を以下にまとめてみました。

・商品代(カーポート本体)
・施工費用

商品代は、メーカー、設置を依頼する業者によって異なります。メーカーの希望価格は決まっていますが、必ずその費用が掛かるわけではありません。

例えば、カーポート本体を大量に仕入れていたり、カーポート設置の専門業者に依頼することで、費用を安く抑えることは可能です。

また、カーポート本体の費用は、車の台数によっても変わってくるものです。台数別の相場は以下のとおりとなります。

・1台用:約20~50万円
・2台用:約50~100万円
・3台用:約80万円以上

上記は、あくまでもカーポートの商品代の相場です。別途、施工費用が発生します。主な施工費用は以下のとおりです。

一方、施工費用を更に細かく分類すると、以下の通りとなります。

・支柱基礎工事
・組み立て工事
・取り付け工事
・資材運搬費
・諸経費

上記の費用は、どの業者に依頼しても例外なく発生するものです。ですから、費用を安く抑えたいからといって、省略することはできません。

ちなみに、目安費用は以下のとおりとなります。

・支柱基礎工事:5~7万円前後
・カーポートの組建て、取り付け施工:それぞれ3~5万円前後
・資材運搬費、諸経費:5万円前後

上記以外に、もしもオプションを追加した場合、費用はさらに高くなります。カーポートは、オプションの費用が高くつくケースが多いため、実際のところ「どのくらいこわだるか?」によってトータルで掛かる費用は大きく変わってくるのです。

それでは次項で、カーポートのオプションについて見ていくことにしましょう。

カーポートはオプションが高い

先に触れたとおり、カーポートはオプション費用が割高です。例えば、コンクリート、フェンス、UVカット、支柱の強度アップ、屋根の耐久性などを挙げることができます。

まず、コンクリートですが、これは駐車スペース内を歩きやすくするために行う工事のことです。普通車1台あたり30万円前後掛かることがあります。

一方、フェンスについてですが、こちらは外からの視線を遮断するために行う工事のことです。相場費用は、フェンス1枚あたり2~8万円、フェンスを取り付ける柱は1本あたり3,000~5,000円前後となります。

その他のオプション工事に関しては、工事内容によって費用は様々です。例えば、UVカットは15万円前後かかりますし、支柱の強度アップはプラス2万円前後が相場となります。

屋根の耐久性については、主に積雪によって金額が変動する仕組みになっており、積雪100cmを超えると3~10万円以上かかることがほとんどです。

このように、追加でオプションをつけると、予算を大幅にオーバーすることがあります。そのため、業者のいいなりになるのではなく、必要最低限のオプションを追加するようにしましょう。

なお、これまでお伝えしてきた内容を踏まえた上で、カーポートの費用を安く抑えるにはいくつかのポイントがあります。次項で詳しく見ていくことにしましょう。

カーポートの費用を安く抑える方法

カーポートの費用を安く抑えるには、2つの方法があります。ぞれぞれ、順番に見ていくことにしましょう。

相見積もりをとる

カーポートを設置する際、相見積もりをとるのは必須です。業者ごとで費用は大きく異なるため、最低3社ほどに見積もりを依頼するようにしましょう。

なぜ相見積もりが必要なのか、主な理由を2つピックアップしてみました。

①施工工事の費用が異なるから

施工工事の費用は、業者によって様々です。工事内容が全く同じだったとしても、数万円から10万円以上変わってくることがあります。

なぜ、これほどまでに違いが表れるのかというと、業者の規模などによって人件費や資材の仕入れ価格などが異なるからです。

また、工事の難易度によっても、施工費用は前後します。カーポートを設置する環境が複雑であり、特殊な工事が必要となった場合、相場よりも割高な費用が掛かることがあるのです。

それだけでなく、特殊な工事に慣れていない業者に依頼してしまうと、手間賃のような名目で別途費用を請求されることがあります。

ですから、複数の業者に見積もりを依頼し、費用の違いはもちろんのこと、工事内容の違いも比較した方が良いのです。

②カーポート本体の割引率が異なるから

カーポート本体の割引率は、4~5割くらいだといわれています。業者、メーカーによって割引率は変わってきますが、一般的に大量仕入れが可能な大手業者の方が、割引率は高くなる傾向にあるようです。

つまり、規模が小さな業者にカーポートの設置を依頼すると、やや割高になることがあります。ただし、規模が小さな業者であっても、カーポートの設置を専門としている業者の場合、需要のあるカーポート本体をまとめて仕入れていることがあるようです。

そのような場合、特定のカーポートのみ他社よりも安く済むことがあります。いずれにしろ、見積もりを依頼してみないことには、どのくらい費用が掛かるかわからないのです。ですから、相見積もりは必須だといえます。

専門業者へ依頼する

カーポートの設置を依頼する場合、専門業者へ依頼することをおすすめします。ハウスメーカー、外構業者に依頼することも可能ですが、割高になるケースがほとんどです。

なぜ割高になるのかというと、ハウスメーカーや外構業者はカーポートの設置工事をメインとはしていないからです。

ハウスメーカーであれば、家を建てるをメインとしていますし、外構業者はカーポートだけでなく、門、車庫、塀、庭木なども扱っています。つまり、カーポートの設置は、サービスの1つにすぎないのです。

カーポートの設置以外にも何らかの工事を依頼する場合、トータル費用を安く抑えることができるというメリットはあります。

しかし、カーポートの工事のみとなると、割引できる範囲が狭くなるため、どうしても相場費用より割高になってしまいがちなのです。

そのため、カーポートの設置を依頼する際は、専門の業者にお願いした方が安く抑えることができます。

まとめ

今回は、カーポートの設置費用の相場、安く抑える方法についてお伝えしました。これまでお伝えした内容をまとめると、以下のとおりとなります。

・カーポート設置費用の内訳は、商品代と施工費用のみ
・オプションは必要最低限のみ選択する
・必ず相見積もりを取る
・費用を安く抑えたいなら専門業者に依頼する

上記のポイントさえ押さえておけば、カーポートの設置費用を安く抑えることができるはずです。

ですから、まずは気になる業者を3社ほどピックアップし、見積もりを依頼してみましょう。さっそく公式サイトをチェックして、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です